平素は澄風荘をご愛顧いただき誠にありがとうございます。2020年4月8日から5月31日まで休館しております。6月1日からの営業再開後にご安心してお客様へご来館いただけるよう当館の感染症予防に対する取り組みをお知らせ申し上げます。当面はご予約をお受けする組数を限定し、1日5組以下で対応いたします。

お客様へのお願い

  • 入館時、お帰りの際の手指消毒
  • 宿泊者名簿への正確な記入のお願い
  • 共用スペースでの三密の回避
  • お風呂のドライヤーはお部屋のものを使用して下さい。
  • 体調が悪くなられた場合は速やかにスタッフまでお知らせ下さい。
  • ご出発前に体調が急変された場合などキャンセル料はかかりません。当日でもご連絡下さいませ。
入館時の手指消毒のお願い
ご入館時やお帰り際の手指消毒をお願いします。
宿泊名簿の正確なご記入
旅館業法により宿泊者名簿の保管義務がございます。住所・氏名・連絡先の正確な記入をお願いします。
三密を避ける
ロビーなど共用スペースでは密接・密集・密閉を避けて下さい。共用スペースでの喫煙・飲食は禁止とさせていただきます。
体調が悪いときは速やかにお知らせください

ご滞在中体調が悪くなられた場合は速やかにスタッフまでお知らせください。お部屋に居るときはそのままお電話でご連絡下さいませ。

館内・従業員への取り組み

館内の清掃・消毒の徹底
トイレやドアノブなどの多数の方が触れる場所の次亜塩素酸ナトリウム希釈液による清拭・消毒
従業員のマスク着用・検温
従業員はマスク着用で接客いたします。就業前の検温を実施し従業員の健康管理に努めます。
個室食事処
お食事は夕食朝食ともに他のグループ様と接触することのないよう個室でご提供いたします。食事室は常に換気扇を稼働しております。

今後導入予定の対応

  • タブレットによる非対面型チェクインシステム
  • 非接触型体温計
  • 大きめの食事室の仕切り強化
  • 館内風呂の改装

政府や県・市町村自治体からの要請や発表に応じて適切な対応をして参ります。状況によって対応は変更させていただきます。ご不便をおかけしますが何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

2020年5月15日更新 澄風荘

参考リンク:【新型コロナウイルス関連】業種ごとの感染拡大予防ガイドライン |兵庫県

館内の感染予防マニュアルを策定

館内の対応・従業員への情報共有として館内安全マニュアルを作っています。新型コロナウイルスのみならず急病時の一次救命処置やAEDの使用、食中毒への衛生管理計画など汎用的な危機管理マニュアルとして公開しています。

FAQ:よくあるご質問

Q
お風呂は貸切ですか?
A

館内のお風呂は小さい家族風呂がございます。お客様が入られた後すぐに清掃・消毒いたします。離れのお風呂もご利用いただけます。

Q
JR電車やバスで行っても良いですか?
A

できる限り当面(7月くらいまで)は公共交通機関は利用せず、自家用車でのご来館をお勧めいたします。

Q
当日熱が出てしまったのですが。
A

急なご病気などやむを得ないご事情によるキャンセルは当日でもキャンセル料をいただいておりません。お早めに宿までご連絡下さい。

Q
離れの貸切は出来ますか?
A

2家族でのご利用など別館・離れを貸切でご利用いただけます。詳しくは宿までお問い合わせ下さい。

Q
2週間以内に海外渡航歴があるのですが行けますか?
A

外務省の「日本における新型コロナウイルスに関する水際対策強化(新たな措置)」では海外からの入国者に対し以下のように要請されています。

入国の翌日から起算して14日間は、ご自宅やご自身で確保された宿泊施設等(※1)で不要不急の外出を避け、待機することが要請されます。

※1:自宅等への移動は公共交通機関(鉄道、バス、タクシー、航空機(国内線)、旅客船等)を使用せずに移動できることが条件となりますので、事前にご家族やお勤めの会社等による送迎、ご自身でレンタカーを手配するなどの移動手段の確保を行ってください。

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C050.html

2週間はご自宅などでの待機をお願い申し上げます。

Q
近くで新型コロナウイルスの感染者はどのくらい出ましたか?
A

新温泉町、但馬地域の新型コロナウイルス感染者は現時点(2020/5/16)で0です。兵庫県の感染者数は以下のページをご参照下さい。
https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk03/200129.html#kensa_new

免責事項

ご注意

上記の対応で感染リスクが0になるという訳ではありません。今まで行ってきた衛生管理に加えて供用や密集を避けなるべくリスクを低くするという指針になります。ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。